たんす 配送

たんすを格安で配送する方法

たんす 配送

たんす 郵送

箪笥 配送

タンス 配送

たんす 送り方

 

たんすの配送は、引越し業者が断然お得です。
たんす1個だけでも配送してくれる引越し業者もあります。

 

さらにできるだけ格安にしたいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです!

 

同じ内容で見積もりを依頼するので、どこが1番安いか一目瞭然です。
相場をわかるので安心ですね。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

たんすは大きいですので、無理に運ぶと物件の壁や床を傷つける恐れがあります。
賃貸の場合は敷金にも影響しますし、持家の場合でも修理費かかかるのは困りますね。

 

大きな家具の配送はプロにお任せください!

 

引越し業者一括見積もりサイトを上手に活用して、良い引越しをしてくださいね!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの値段と時期

 

引越しの時期と費用

 

引越し業者には1年で一番忙しい時期、つまり繁忙期があります。
この時期は全国どこの引越し業者も忙しく、引越し料金も他の月よりも高めに設定されています。

 

では繁忙期とはいつのことでしょうか?

 

ズバリ繁忙期とは3月のことです。
2月の終わりから段々と忙しくなり、4月の頭まで繁忙期は続きます。

 

なぜ繁忙期があるのでしょうか?

 

引越し業者が3月に繁忙期を迎える理由は、4月の新学期を前に新大学生や新社会人が大学や会社に通うために引越しをするからです。
さらに春は企業の人事異動もあるので、転勤のサラリーマンとその家族も引越しをします。
また単身赴任のサラリーマンの引越しもこの時期に重なります。

 

つまりこれだけの人が引越しする理由があるわけですから、それは引越し業者はどこも忙しいです。
引越し業者もスタッフを増員したり、1日に何回も現場を回っても、すべての依頼を引き受けることができない日もあるわけです。
そういう日に当たると、引越しの依頼を本当に断られるのです。

 

もし繁忙期に引越しをするなら、新居が決まったらすぐに複数の業者に見積もりを依頼して一番条件の良い引越し業者と契約しておきましょう。
この時期の引越しはスピード勝負です。

 

 

引越しを安くする条件

 

引越し安く

 

引っ越し費用は結構高額になりますね。
少しでも安くしたいけど具体的にどうすればいいかわからないという方は、まず引越しの条件を見直ししてみませんか?

 

引っ越し費用は運ぶ荷物の量が多いほど高くなります。
引越しにかかる料金を安くしたいのであれば、引越しの前にできるだけ荷物を減らすことです。

 

不用品を運ぶ費用ほど勿体ないものはありません。
引越し料金は同じ量の荷物を同じ距離運ぶならいつ依頼しても同じ料金というわけではありません。

 

先ほど出ましたように、3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
この時期は避けたほうがいいです。

 

しかしどうしても繁忙期を避けられないなら、新居の住所がわかったらすぐに引越し業者に一括見積もりを取って一番条件の良い会社と契約してしまいましょう。 
準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向がありますし、契約を忘れると予約すらできなくなります。

 

曜日で考えると、土日祝日は引っ越し希望者が多いので平日に比べると費用が高めです。
平日なら割引してくれる可能性がたかいので、平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

時間で考える、午前中に荷物を運んで午後からはゆっくり荷解きをしたいという人が多いです。
午前中は午後よりも高めになりますから、費用を重視するのであれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができますよ。

 

 

引越し料金のしくみ

 

タンス配送

 

引っ越し費用は、人件費と移動距離とオプション費用の合計から成ります。

 

つまりあなたの引越しに@どれだけの引っ越しスタッフ(人件費)が必要かということ、A荷物を移動させるのに必要な交通費、そしてBゴミの処理費やエアコン移設費などの特殊なものがどれだけあるかということ、これらの合計が引っ越し費用なのです。

 

荷物が多い人の引っ越しはそれだけスタッフの数も多く必要ですし、普通よりも大きなトラックが必要なためその分ガソリン代もかかります。

 

さらに新居までの距離が遠いほど、運転の交代要員や高速代が加わりますので、引越しの価格が高額となるのです。

 

また物件のエレベーターの有無や廊下の狭さ、トラックを停められる位置によっては、料金がさらに高くなることもあります。

 

だから〇〇引越しセンター、引越し費用一律□□万円!などという価格表は作ることができないのです。
引越し業者のホームページを見ても、料金が書かれていないのはそのせいです。

 

あなた自身の引越し費用の相場を知りたいのであれば、複数の引越し業者から見積もりを取るのが1番早いです。

 

少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、新居の住所が決まったらすぐに見積もりを依頼して業者を比較し、引越し業者をおさえておきましょう。
契約を先延ばしすると、条件の良い引越し業者ほど予約が埋まり契約できなくなります。

 

 

引越するときの荷造りのポイントを抑えよう

 

荷造りとタンスの配送

 

引越するときには荷物がいっぱいあるのでコツを使って荷造りすることがおすすめです。

 

引越しが決まってからは、早めに荷物の梱包を初めなければいけませんね。でも、思いついた順に作業を行っていたのでは荷物が多くなりすぎて荷造りが大変になってしまいます。
ダンボールの数も増えて引越し業者の料金がかさみます。

 

最初に季節によって使うものを分けてしまってから梱包するといいですね。

 

食器や器類は殆ど使わないものからどんどん筒っましょう。

 

皿は一枚ずつ梱包用のシートで包んで、何枚かをまとめていく人も多いですが、重ねると運んでいる時にわれていsまうことがりますので、一つづつ包むことが鉄則です。

 

ダンボール箱には隙間がないように入れることが大切です。また重さを十分に考慮しましょう。おもすぎる荷物ははこぶことができません。
書籍は本当に重たいので、小さな箱に詰めるようにしましょう。

 

ナイフなどの危険なものは厚紙やダンボールのかけらなどでつつみ危なくないようにしてから、ダンボールに入れましょう。

 

荷物が終わったら、引越しに前日に冷蔵庫の片付けをしましょう。なかなか電源を落とすことが出来ないので、前日になってしまうことが多いと思いますが、霜がでていると水浸しになるのでそのことも踏まえて水分を取り除くといいですね。

 

洗濯機も、当日になってからでは心配なことも多いのであらかじめ準備して起きます。ドラム式洗濯機は、ドラムを固定する器具がないと運べないので、探しておきましょう。

 

 

 

食器棚 引越し ダブルベッド 引越し マットレス 引越し